> かてきょナビTOP > 家庭教師Q&A

 

家庭教師Q&A

料金について

Q 家庭教師を派遣してもらうのにかかる費用って?
A 料金は家庭教師センターによって異なりますが、通常かかるのは入会金、授業料、交通費(いずれも実費のみのところが多い)です。ただし、入会金は無料のところもありますし、授業料はセンターによって異なります。もちろん、センターのサービスについても、各センター毎に大きく異なっています。まずは気になる各社の資料を取り寄せてみて、料金・サービスの両面から比較するのがお勧めです。
Q 塾と比べて高いのでは?
A 一般的に家庭教師の授業料は塾に比べ高く感じますが、マンツーマンの個別指導であるメリットと、通学にかかる時間、費用、自宅で安心して勉強出来る点などトータル的に考えると、必ずしも割高とは言えないと思われます。また、依頼内容、時間により料金は変わってきます。
まずは気になる各社の資料を取り寄せてみて料金・サービスの両面から検討するのをおススメします。
Q 教材費もかかるの?
A 教材を販売するセンターもありますが、かてきょナビに掲載されているセンターは、お手持ちの教科書や、必要であれば、教材を選ぶお手伝いや、オススメの教材のご紹介をしてくれるようです。
Q 支払い方法は?
A 銀行引き落とし、銀行振込み、教師への手渡しなど、支払い方法はセンターによりけりです。
なお、高額なローン契約やチケット購入を強引に薦めるセンターは避けたほうが安全!
Q 優秀な先生を頼むと授業料が高くなるの?
A 多くのセンターでは一律料金のシステムを採用していますが、家庭教師の能力やキャリアごとに授業料の設定を行っているセンターもあります。
ただ、大学生の家庭教師を利用するか、プロの家庭教師を利用するかで、料金が大きく異なるセンターが多いようです。
Q 先生の変更は無料でできるの?
A 派遣されてきた家庭教師に不満がある場合、無料で変更できるセンターと変更料がかかるセンターがあります。事前に確認しておきましょう。
Q 途中で止められる?
A 途中退会は多くのセンターで可能です。しかし、退会金については無料のところから、期間内解約なら有料などセンターによって異なります。事前に各社の資料や契約書を確かめましょう。
Q 解約・退会には費用がかかるの?
A 退会金については、無料のところから、期間内解約なら有料のところまで、センターによって異なっているようです。各社の資料や契約書の中に明記してある記述にて、契約前に必ず確かめましょう。

家庭教師の能力や相性について

Q 先生に関する希望は聞いてもらえるの?
A ほとんどの家庭教師センターでは事前に派遣教師に関する希望をヒアリングし、それに合致した教師を選別して紹介してくれます。
「性別」「得意教科」「出身校」「指導キャリア」はもちろんのこと、「趣味」「性格」などについても希望があれば伝えておくべきです。
Q 教え方に不満があるんだけど……。
A 熱意に欠ける、指導力不足など教師の教え方に不満がある場合は、センターにすぐ相談しましょう。教師の変更が可能です。
Q 子どもと気が合わないみたいなんだけど……。
A マンツーマンで指導を行う家庭教師は子どもとの相性が重要。性格に問題があるなど子どもが心を開けないような教師であれば学力向上を望むのはむずかしいもの。
センターに相談して先生の変更を依頼するのがベターです。

指導方法について

Q 遅い時間帯や土日の授業は可能?
A 子どもの部活動や家庭の事情などで夜遅い時間帯や土日祝日の授業を希望する場合は、その旨をセンターに伝えましょう。多くのセンターでは対応可能な先生を派遣してくれます。契約途中で時間や曜日を変更したくなった場合にもまずはセンターへ相談を。
Q テスト前や受験前だけ時間数を増やせる?
A 通常、一定時期のみ指導時間数を増やすことには問題ありませんが、もちろん追加で料金がかかります。なるべく早くセンターに相談するようにしましょう。
Q 兄弟や友達といっしょに授業を受けられる?
A 複数の生徒を同時に教えてくれる家庭教師も大勢います。別々に頼むより授業料が割安になる場合が多いので事前にセンターに確認を。
Q 苦手な科目だけお願いできる?
A 苦手科目を克服するためのコースは各社にあります。また、志望校に合わせて強化したい科目を選択することも可能です。
Q 試験前の短期間だけ頼めるの?
A 受験前や定期試験前など、一定の期間のみの短期コースは多くのセンターに用意されています。その他にも目的別にさまざまなコースがあるので、お子さまの状況に合ったセンターを見つけるには数社を資料などで比較するよ良いでしょう。
Q 受験情報はあるの?
A 特に志望校が絞られている場合には、学校別傾向対策などがある受験対策に特化した塾に軍配が上がるようです。
しかし、大手塾では模試のみの受験もあるため、最近では家庭教師の個別指導のメリットと、模試をバランス良く組み合わせて利用されている方が多くなってきています。
どの程度具体的な受験情報が必要かを総合的に検討されることをおススメします。

家庭教師への気づかいについて

Q お茶やお菓子の気遣いはするべき?
A 家庭教師へ食事、おやつ、お茶などを出す必要は一切ありません。
Q 授業時間を10分オーバー。追加支払いを考えるべき?
A 指導内容によって授業時間が数分程度延長されるのはよくあることです。
とくに気にする必要はありません。
Q 保護者が外出している時間帯でも授業を頼める?
A 授業時間に保護者が不在でも学習指導は行えます。
Q 独立した勉強部屋がないんだけど平気?
A 独立した勉強部屋や子ども部屋がなくても学習指導はできます。リビングなどで、ある程度静かな環境があれば問題ありません。
Q 家が駅やバス停から遠いんだけど先生の送り迎えは必要?
A 家庭教師を車や徒歩で送り迎えする必要はありません。ただし、夜遅くに暗い通りや物騒な地区を通るようであれば、安全な場所に出るまで付き添ってあげたほうが良いこともあります。

お子様に最適な家庭教師センターを今すぐ検索

 

お子様の学年

 
 

目的

 

\無料で資料請求もできます/

 
Page top へ

当サイトについて

 

特集

 

目的別

 

学年別

 

保護者・生徒の方へ

 

家庭教師センター 一覧

 

日経の教育誌に掲載

日本経済新聞出版社「子どもの将来を真剣に考える教育情報誌〜デュケレ vol.5」にかてきょnaviが掲載されました。

 
 

かてきょnavi Mobile モバイル版はこちら! 携帯電話で左のQRコードを読み取りアクセスして下さい