> かてきょナビTOP > 高校受験合格のための学習プラン

 

高校受験合格のための学習プラン 〜適切な学習プランで確実に高校合格を目指す〜

多くのお子さんにとって、高校受験が初めての受験になります。そこで高校受験に向けてどのように学習をしていけばよいのか、その学習プランの一例を紹介します。

教科別学習プラン

国語とくに読解力は受験内容や国語以外の教科でも重要です。
数学の問題は引っ掛け問題など文章にトリックがある場合もあり、
語彙力を鍛えておくことは大切です。
読解力は詰め込みで身につくものではないので、
中1の頃から地道に鍛えておきましょう。

 
 

高校受験レベルの理科・社会は暗記問題です。
そして出題範囲は中1〜中3で学習した範囲すべてが対象になるため、中3になってから全てを対策するよりは、中1、中2の間にそれまで習った範囲については身につけておきましょう。
同じことは英単語にも言えます。英文法は中3レベルが中心になりますが、英単語は知っていれば知っているだけ有利です。

 
 

高校受験の数学・英文法は中3範囲が中心となります。
もちろんそのためには中1・中2での基礎知識が必要となりますが、
中3になったら特に強化したい教科です。

 

中3学習プラン

1学期

【中3範囲の攻略】

受験対策は秋以降に本格化!
中3範囲の勉強は夏休み前までに先取りで勉強しておきたい。

 

夏休み

【受験対策開始】

夏休みから受験対策に本腰を入れ始める時期。
まずは受験問題に触れてみて、感覚をつかむ。

 

2学期

【過去問開始】

とにかく過去問をこなして、傾向の把握や自分の得意不得意を洗い出す。不得意な部分は徹底強化し、どんな問題が出題されても対応できる自信をつけておく。

 

冬休み

【苦手対策・頻出問題訓練】

受験対策の仕上げとして、苦手な分野があればとにかく対策。
余裕があれば、過去問の傾向からよく出題される分野の問題を多く解いて、確実に点数を稼げる準備を。

 

冬休み

【苦手対策・頻出問題訓練】

受験対策の仕上げとして、苦手な分野があればとにかく対策。
余裕があれば、過去問の傾向からよく出題される分野の問題を多く解いて、確実に点数を稼げる準備を。

 

受験

【体調管理に細心の注意を】

受験は冬シーズンのため、体調をくずしやすい。
これまで勉強してきたことを台無しにしないように、
体調管理を徹底し、万全の状態で受験に挑むことに注意する。

 

受験

ポイント 家庭教師選びは相性が最重要!

ここで紹介した学習プランはあくまでも一例です。
お子さんの学習の進行具合や得意不得意で臨機応変
プランを組み立てることが高校合格に向けて大切なポイントです。

家庭教師センターでは、家庭教師とは別に受験対策のプロ
在籍しており、理解度にあわせてお子さまにベストの学習プランを
設計してくれます。

家庭教師センターは、ただ自宅に家庭教師を派遣してくれるだけ
ではなく、このような受験対策のアドバイスが受けられることも
大きなメリットです。

お子様に最適な家庭教師センターを今すぐ検索

 

お子様の学年

 
 

目的

 

\無料で資料請求もできます/

 

当サイトについて

 

特集

 

目的別

 

学年別

 

保護者・生徒の方へ

 

家庭教師センター 一覧

 

日経の教育誌に掲載

日本経済新聞出版社「子どもの将来を真剣に考える教育情報誌〜デュケレ vol.5」にかてきょnaviが掲載されました。

 
 

かてきょnavi Mobile モバイル版はこちら! 携帯電話で左のQRコードを読み取りアクセスして下さい