> かてきょナビTOP > 小学生の予習・復習に

 

小学生の家庭教師、中学受験対策

小学生時代は学力の成長が目覚ましく、その後の学習の基礎を形成する時です。高学年になると、中学受験や中学の授業の先取り学習を考えるご家庭も増えます。そこで頼りになるのが家庭教師の存在。丁寧なマンツーマン指導で補習や中学受験対策をバックアップする他、情報源やスケジューラーとしても活躍します。とくに中学受験では子どものプレッシャーや不安を静めて「あなたならできる!だからがんばろう」と自信とヤル気を与えていきます。

家庭教師は学校の予習・復習のパートナー

早くから「勉強好き」に育て、将来を大きく変える!

小学生の子どもは大人の意見を素直にとりいれる柔軟性に長けています。
そのため、こどもが「勉強好き」になるかどうかは周囲の大人次第。
だからこそ、一人一人丁寧に指導を行う家庭教師をおすすめします。

小学1〜2年生

この時期の子どもは学校での集団学習にはまだまだ馴染めないもの。
家庭教師による丁寧なマンツーマン指導が効果的です。

小学3〜4年生

自主性が育つこの年代には自宅学習の習慣を定着させましょう。
家庭教師は毎日机に向かう習慣が自然に身につくよう指導します。

小学5〜6年生

科目の好き嫌いがハッキリしてくる年代なので、家庭教師は“苦手意識”を“得意意識”に転換することに注力します。

家庭教師が中学受験を成功に導く

“初めての受験”に向けて力強くバックアップ

ほとんどの子どもにとって初めての本格的な受験となる中学受験。家庭教師は子どもの不安・プレッシャー・孤独感を理解し、それらを取り除くために身近で自信を与える存在。
“いつも傍には先生がいてくれる”
子どもは、そんな安心感に包まれてこそ自分の力を最大限に発揮できるのです。
情報源としても活用できる

どんな中学があり、どんな受験の特徴があるのか、まずこれらの情報を入手してターゲットを設定しないことには本格的な受験勉強は始まりません。書籍、雑誌、インターネットなどからの受験情報に、経験豊富な家庭教師からのノウハウもプラスすれば百人力。
受験勉強のスケジューリングをおまかせ

合格という目標達成のためには子どもの個性や能力に応じたスケジュールを設定することが不可欠です。家庭教師は保護者ともよく話し合い、子どものベストコンディションを保ちながらゴールへの道のりを作り上げていきます。
家庭教師センターに伝えること

学校での成績と科目ごとの得手不得手の他、具体的な目標(特定科目の成績向上、全体的な学力アップ、勉強の習慣づけ、中学受験など)を伝えます。他に習い事をしている場合はその曜日や時間についても話しておきましょう。中学受験を視野に入れている場合には、受験指導の経験豊富な先生をリクエストするのがお薦めです。

お子様に最適な家庭教師センターを今すぐ検索

 

お子様の学年

 
 

目的

 

\無料で資料請求もできます/

 
Page top へ

当サイトについて

 

特集

 

目的別

 

学年別

 

保護者・生徒の方へ

 

家庭教師センター 一覧

 

日経の教育誌に掲載

日本経済新聞出版社「子どもの将来を真剣に考える教育情報誌〜デュケレ vol.5」にかてきょnaviが掲載されました。

 
 

かてきょnavi Mobile モバイル版はこちら! 携帯電話で左のQRコードを読み取りアクセスして下さい