> かてきょナビTOP > 小学性の学力アップ

 

小学生の学力アップには家庭教師がオススメ

家庭教師は学校の予習・復習のパートナー
			愛情あふれる指導でヤル気を起こさせます
早くから“勉強好き”に育て、将来を大きく変える!

大人の役割が最も大きな時期

小学生は大人の意見をとりいれる素直さと柔軟性を持っています。そのため、小学生のお子様が“勉強好き”に育つか“勉強嫌い”に育つかは周囲の大人次第。小学生のお子様が「勉強って楽しい!」と思える瞬間を増やしてあげることが小学生という時期には何よりも大切です。

小学生、一人一人を見守る家庭教師の愛情サポート

素直で柔軟性に富んだ小学生のお子様にとって、丁寧なマンツーマン指導を行う家庭教師はまさに理想的な存在です。

家庭教師にきめ細かく見守ってもらえている実感が小学生のお子様のヤル気と才能を育てます。そのため、家庭教師とお子様の相性はとくに重要。「明るくて優しいお姉さんのような家庭教師の先生」「あたたかさと厳しさを兼ね備えたお父さんのような家庭教師の先生」など小学生のお子様が身近に接しやすいタイプの家庭教師を家庭教師センターにリクエストすると良いでしょう。

大好きな家庭教師の先生とご家族からの「よくがんばったね!」の言葉は小学生のお子様の最高のパワー源になります。
家庭教師がいれば効率的な予習・復習が可能

丁寧な復習によって小学生のお子様の土台を強化

小学校の授業で「理解できた気」になっていても、本当にしっかり身に付いているかどうかはどうしても分からないものです。そんな時には小学生のお子様とぴったりと相性のあった家庭教師といっしょに小学校の復習をして小学生のお子様の弱点を発見し、その部分を集中的に補うことが家庭教師ならできます。

家庭教師による先取り学習で小学校での勉強をスムーズに

小学生という時期には家庭教師と共に小学校の授業の予習をするのも小学生のお子様にはとても大切です。先に小学校でやる内容を教わることによって、小学校での勉強も楽にスムーズなものになります。こうすることによって家庭教師の先生に教わった内容を「学校で復習」するような状態になりますので、小学生のお子様は勉強に対する得意意識も芽生え、勉強が好きになり自信を持てるようになります。また、小学校の春休みや夏休みなどの長期休暇中には、休み明けの学習内容を先取り。家庭教師は小学生のお子様が自信をもって小学校の新学期のスタートを切れるようにしっかりとサポートします。
小学1〜2年生
小学1〜2年生。小学生低学年のお子様は初めて経験する小学校での集団学習にまだまだ馴染めないもの。小学1〜2年生のお子様には長時間机に向かう習慣と集中力をつけさせることが何より大切です。この時期に家庭教師によるマンツーマン指導なら、小学生のお子様の様子を見ながらそのお子様にあった授業の進め方をしますので非常に効果的です。もしも小学生のお子様が勉強に飽きてきたら、ゲーム的な要素を取り入れて楽しく学ばせるなどの柔軟な対応も家庭教師ならではです。小学生のお子様ひとりひとりに合わせた指導。こういうことも学習塾との大きな違いです。
小学3〜4年生
小学3〜4年生。小学校での集団学習にも慣れてきて自主性が育つこの年代は、自宅学習の習慣を定着させるべき時。「計算問題を1日10問」「漢字の練習ドリルを1日1ページ」などの具体的な課題を与えることで、家庭教師は小学生のお子様が自主的に毎日机に向かう習慣が身につくよう指導します。授業日には課題の結果をチェックして、弱点や長所を評価しながら学習スケジュールを組み立てていきます。
小学5〜6年生
小学5〜6年生。小学生高学年は科目の好き嫌いがハッキリしてくる年代なので、家庭教師は“苦手意識”を“得意意識”に転換することに注力します。家庭教師といっしょに楽しく学ぶことで「どの科目もそれぞれ面白いんだ」ということに小学生のお子様に気づかせます。家庭教師なら小学校高学年でバランスの良い成績を残すことによって、中学でのスタートダッシュも自信あるものにすることができ、中学校に入って迎えることになる高校受験に対する基礎を小学生の時に身につけることができます。

お子様に最適な家庭教師センターを今すぐ検索

 

お子様の学年

 
 

目的

 

\無料で資料請求もできます/

 
Page top へ

当サイトについて

 

特集

 

目的別

 

学年別

 

保護者・生徒の方へ

 

家庭教師センター 一覧

 

日経の教育誌に掲載

日本経済新聞出版社「子どもの将来を真剣に考える教育情報誌〜デュケレ vol.5」にかてきょnaviが掲載されました。

 
 

かてきょnavi Mobile モバイル版はこちら! 携帯電話で左のQRコードを読み取りアクセスして下さい