> かてきょナビTOP > 中学受験

 

中学受験対策なら家庭教師とのマンツーマンがオススメ

家庭教師と二人三脚で合格を達成。中学受験勉強のスケジューリングもおまかせ
中学受験の受験者数はこの10年間で右肩上がりです。その背景には「ゆとり教育」があります。
ゆとり教育には「授業時数の削減」「完全学校週5日制の実施」「総合的な学習の時間」の新設」「絶対評価」の導入」などの特徴があります。もともと、ゆとりを持つための施策でしたが、ゆとり教育の実施によって学力低下が顕著になり、2007年から見直しが行われています。

このような学力低下を背景に中学受験の受験者数が増加の一途をたどっているのです。
中学受験には3種類あり、1つは私立中学校の中学受験。2つめは国立大付属中学校の中学受験。3つめは公立中高一貫校の中学受験です。この3つのどれを中学受験するかによってその対策方法も変わってくるのが中学受験の難しいところです。

そして中学受験する小学生の増加によって、倍率も上がってきています。中学受験で出題される問題は小学校で習うことを超えたものが多く、家庭教師や塾での学習が必要となってきます。
思春期の大切な期間を過ごす学校選びですから中学受験の勉強をどうするか考える前に慎重に中学校の情報を見極めていく必要があります。

家庭教師の場合だと、お子様の学力やご家族の希望をリスニングしながらマンツーマンで中学受験に向けて指導してもらえるのが大きなメリットになります。
さらに中学受験指導経験の豊富な家庭教師に依頼することもできるので、非常に効果的であり、中学受験を控えた小学生のお子様の精神的なケアも家庭教師ならバッチリです。

はじめての中学受験を力強くバックアップ!

お子様の不安を取り除いて「夢見る力」と「自信」を与える

ほとんどのお子様にとって初めての本格的な受験となる中学受験。家庭教師は中学受験を向かえる子どもの不安・プレッシャー・孤独感を理解し、それらを取り除くために身近で自信を与える存在。お子様は、家庭教師がいつもそばにいるという安心感に包まれてこそ自分の力を最大限に発揮して中学受験に臨むことができるのです。

家庭教師は中学受験を控えるご家族の不安や疑問にも応える存在

お子様を中学受験させる場合はご家族も不安でいっぱい。そして小学生のお子様はご家族のそんな気持ちを敏感に察します。「親としてどうやって中学受験のサポートしたらいいの?」「中学受験のために子どもに毎日何時間も勉強させるのはかわいそうではない?」そんな中学受験の疑問にも家庭教師が適切にお答えします。先生を選ぶ際に「中学受験指導の経験豊富な先生を」とリクエストするのも中学受験には重要なポイントです。

中学受験情報やスケジュール作成もバッチリ!

中学受験の情報源として家庭教師を活用!

中学受験にあたり、通学可能な範囲にどんな中学校があり、その学校にはどんな試験特徴があるのか、まずこれらの情報を入手してターゲットを設定しないことには本格的な中学受験勉強は始まりません。家庭教師はご家族とお子様の意思を何よりも尊重しながら、具体的な目標を絞り込んでお子様、ご家族と一緒に中学受験に臨みます。家庭教師センターからの配布資料やアドバイスも情報源として活用できますので、中学受験の情報収集が十分に行えます。

家庭教師による中学受験に向けた効果的なスケジュール作り

中学受験では合格という目標達成のためにはお子様の個性や能力に応じたスケジュールの設定が不可欠です。家庭教師は“中学受験”という決戦の日を見据えながら、苦手科目の克服と得意科目の強化をバランス良く配置し、ムダのない中学受験プランを練ります。また、子どものメンタル面・体力面でベストコンディションを保ちながら中学受験の合格というゴールへの道を作り上げていきます。
家庭教師センターに伝えること

中学受験に向けて、現在の成績とレベルを引き上げたい科目を伝えます(全教科まんべんなくでもOK)。志望する中学校がある程度決まっている場合には具体的な校名も挙げておきましょう。部活動などで帰りが遅い場合や帰宅時間が一定しない場合には、平日の遅い時間帯や週末に対応可能な家庭教師を希望すると中学受験の勉強を安心してできることでしょう。

お子様に最適な家庭教師センターを今すぐ検索

 

お子様の学年

 
 

目的

 

\無料で資料請求もできます/

 
Page top へ

当サイトについて

 

特集

 

目的別

 

学年別

 

保護者・生徒の方へ

 

家庭教師センター 一覧

 

日経の教育誌に掲載

日本経済新聞出版社「子どもの将来を真剣に考える教育情報誌〜デュケレ vol.5」にかてきょnaviが掲載されました。

 
 

かてきょnavi Mobile モバイル版はこちら! 携帯電話で左のQRコードを読み取りアクセスして下さい